リフォームか建て替えか選ぶ

リフォームと建て替え

住宅環境を考えたときに、リフォームか建て替えかどっちを選ぶか悩む人も多いはずです。より自身のライフスタイルに合った住みやすい環境を作る為にそれぞれのメリットを知っておくといいでしょう。

リフォームと建て替えの違い

女性

家の完成度

理想的な家を作る為なら、建て替えをおすすめします。建て替えでは一度、建物を解体してから作り替えるので間取りや設備などの悩みをあっさりと解決することができます。他にも建て替えは構造全体を一新することで、検査済証が貰えるので安全面を考えてみても安心と言えるでしょう。一方でリフォームの場合は建物を壊さなくても済みますが、間取りや設備の不満点を解決することは難しいです。リフォームでも増築を行なうこともできますが、基本的に現在あるものを有効活用する施工なので、間取り自体の変更は厳しいものです。壁や柱を取り除いたとしても、補強する箇所も増えます。そのため、間取りの変更を強く求めるのなら、建て替えを選ふといいです。しかし、建物に愛着があるのならば、建て替えではなくリフォームを依頼することもいいでしょう。

費用面を比較する

リフォームか建て替えかを悩んだ時に決めるポイントの一つとして、費用が大きく関わってきます。リフォームは建て替えと比較して、諸経費も全て含めても低価格で施工を行うことができます。予算を低予算で考えているのなら、リフォームを検討するといいでしょう。逆に建て替えは建物を壊して作るので、あらゆる費用がかかってしまいます。例えば、住宅が完成した後も不動産所得税や固定資産税などの税金なども一つとして、挙げられます。そのため、費用面で見ればリフォームの方がおすすめと言えます。しかし、リフォームは住宅の規模によっては莫大な金額になるので、施工を依頼する時は予め、建て替えかリフォームのどちらが安くなりそうか業者に聞いておくといいでしょう。一般的な住宅の規模で考えるならば、確実にリフォームをした方が安く済みます。

期間で考える

施工を開始してから住宅が完成するまでの工事期間はどちらが短いかご存知でしょうか。短い時間で施工を完了させたいのなら、リフォーム工事を推奨します。リフォームは建て替えと違い、不満のある部分だけの施工を行います。そのため、建て替えよりも短い期間で住宅を改善することができるのです。リフォームは目的によって施工にかかる時間が異なります。最短で3、4日程度で施工が完了できるものもあれば、全体工期など約1カ月余りもかかる大掛かりな施工もあります。しかし、一ヶ月施工かかったとしても建て替えに比べれば、短いものです。建て替えの場合はハウスメーカーによって、期間は変わりますがおよそ3ヶ月から4ヶ月以上かかります。ですから、住宅を早く手に入れたいと思っている人はオンテックスでリフォームをすることを検討してみましょう。